R2 福岡県(九州地区・沖縄共通) 第3章 主な医薬品とその作用 (問61-70)

問61
かぜ薬に配合される成分及びその期待される主な作用の関係について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

成分 主な作用
ア カルビノキサミンマレイン酸塩 ― 抗ヒスタミン
イ ブロムヘキシン塩酸塩 ― 殺菌
ウ チペピジンヒベンズ酸塩 ― 解熱鎮痛
エ ノスカピン ― 鎮咳

1(ア、イ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(ウ、エ)


かぜ薬に配合される成分に関する問題。すべてそれなりに出題され、使用されている成分です。

ア 正しい。カルビノキサミンマレイン酸塩は抗ヒスタミン成分。
イ 誤り。ブロムヘキシン塩酸塩は去痰成分
ウ 誤り。チペピジンヒベンズ酸塩は非麻薬性鎮咳成分。
エ 正しい。ノスカピンは非麻薬性鎮咳成分。

正答・・・2


問62
次の表は、あるかぜ薬に含まれている成分の一覧である。

9 錠中
アセトアミノフェン 900 mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 7.5 mg
デキストロメトルファン臭化水素酸塩 48 mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 60 mg
ヘスペリジン 45 mg
カンゾウエキス(カンゾウ 750mg に相当) 187.5 mg
ショウキョウ末 150 mg
無水カフェイン 75 mg

この医薬品に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア クロルフェニラミンマレイン酸塩は、抗ヒスタミン作用を有し、くしゃみや鼻汁を抑える作用を示す。

イ デキストロメトルファン臭化水素酸塩は、咳を抑える作用を示す。

ウ ヘスペリジンは、疲労回復作用のあるビタミン B1であり、痰の排出を容易にする作用を示す。

エ かぜ薬は、細菌やウイルスの増殖を抑えたり、体内から取り除いたりすることにより、咳や発熱などの諸症状の緩和を図るものである。

1(ア、イ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(ウ、エ)


かぜ薬に含まれている成分に関する問題。

ア 正しい。クロルフェニラミンマレイン酸塩は抗ヒスタミン成分。かぜ薬の成分として頻用されています。
イ 正しい。デキストロメトルファン臭化水素酸塩は非麻薬性鎮咳成分。
ウ 誤り。ヘスペリジンはビタミン様物質(試験では問われないがビタミンP)。かぜ薬にも含まれるが、ビタミンB1も去痰作用も関係なし。

エ 誤り。

正答・・・1


問63
解熱鎮痛薬に含まれる成分に関する以下の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 アスピリンは、他の解熱鎮痛成分と比較して胃腸障害を起こしにくいとされている。

2 サザピリンは、ピリン系の解熱鎮痛成分であり、ピリン疹と呼ばれるアレルギー症状をもたらすことがある。

3 アスピリン、カフェイン、エテンザミドの組み合わせは、それぞれの頭文字から「ACE処方」と呼ばれる。

4 アセトアミノフェンは、主に中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。


解熱鎮痛薬に含まれる成分に関する問題。
過去問でも良く出題されているポイントばかりなので、必ず正答できるように。

1 誤り。アスピリンは、他の解熱鎮痛成分に比較して胃腸障害を起こしやすい。
2 誤り。サザピリンは非ピリン系。一般用医薬品で「ピリン系解熱鎮痛成分」ときたら、イソプロピルアンチピリンである。

3 誤り。(アスピリンではなく)アセトアミノフェンカフェインエテンザミドの組み合わせから「ACE処方」
4 正しい。

正答・・・4


問64
コレステロールに関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 脂質異常症とは、医療機関で測定する検査値として、低密度リポタンパク質(LDL)が40mg/dL以上、高密度リポタンパク質(HDL)が140mg/dL未満、中性脂肪が180mg/dL以上のいずれかがあてはまる状態をいう。

イ 高コレステロール改善薬は、結果的に生活習慣病の予防につながるものであるが、ウエスト周囲径(腹囲)を減少させるなどの痩身効果を目的とする医薬品ではないため、医薬品の販売に従事する専門家は、購入者に対してその旨を説明する等、正しい理解を促すことが重要である。

ウ コレステロールの産生及び代謝は、主として脾臓で行われる。

エ パンテチンは、コレステロールからの過酸化脂質の生成を抑えるほか、末梢血管における血行を促進する作用があるとされ、血中コレステロール異常に伴う末梢血行障害(手足の冷え、痺れ)の緩和等を目的として用いられる。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 正 誤 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 誤


コレステロールに関する問題。

ア 誤り。健康診断を受けている方から判断できたでしょう。LDLが140mg/dL以上、HDLが40mg/dL 未満、中性脂肪が150mg/dL 以上のいずれかである状態を、脂質異常症という。 
イ 正しい。
ウ 誤り。×脾臓→〇肝臓
エ 誤り。パンテチンは、LDL等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を高めて、HDL産生を高める作用があるとされる。

正答・・・4


問65
カフェインに関する以下の記述について、( )の中に入れるべき数字の正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

カフェインは、脳に軽い興奮状態を引き起こし、一時的に眠気や倦怠感を抑える効果があり、眠気防止薬におけるカフェインの1回摂取量はカフェインとして( ア )mg、1日摂取量はカフェインとして( イ )mgが上限とされている。

  ア イ
1 20 50
2 200 500
3 200 800
4 500 1000
5 500 2000


カフェインに関する問題。

眠気防止薬におけるカフェイン量の上限について、1回摂取量200mg、1日摂取量500mg が上限とされている。

正答・・・2


問66
眠気を促す薬及びその配合成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 妊娠中にしばしば生じる睡眠障害は、ホルモンのバランスや体型の変化等が原因であり、睡眠改善薬の適用対象ではない。

イ 生薬成分のみからなる鎮静薬は、作用が緩和なため、複数の鎮静薬を併用することが推奨される。

ウ カノコソウは、アカネ科のカノコソウの茎を基原とする生薬で、神経の興奮緩和を期待して配合される。

エ ブロモバレリル尿素は、反復して摂取すると依存を生じることが知られており、この成分が配合された医薬品は、本来の目的から逸脱した使用(乱用)がなされることがある。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 誤


眠気を促す薬及びその配合成分に関する問題。
神経の興奮・緊張緩和を期待して用いられる「カノコソウ」の基原の判断が正誤の分かれ目。これは知らなくてもしょうがないレベルだが、当地区では前年もカノコソウが出題されていた。

ア 正しい。
イ 誤り。
ウ 誤り。×アカネ科のカノコソウの茎→〇オミナエシ科のカノコソウの根茎及び根。
エ 正しい。ブロモバレリル尿素は、厚生労働大臣が指定する濫用等の恐れのある医薬品に分類されている(第4章)。

正答・・・3


問67
以下のかぜの症状の緩和に用いられる漢方処方製剤のうち、構成生薬としてカンゾウ及びマオウの両方を含むものを下から一つ選びなさい。

1 麦門冬湯
2 小青竜湯
3 小柴胡湯
4 桂枝湯
5 香蘇散


かぜの症状向けの漢方処方製剤に関する問題。
これまでもカンゾウ(甘草)やマオウ(麻黄)の有無を問う問題は出題されているが、両方含む漢方を問われたのは初めて?

まず、カンゾウ(甘草)は多く漢方薬に含まれており、特に風邪症状向けの漢方には殆ど含まれていると考えて良いでしょう。そしてマオウ(麻黄)については、発汗作用や咳を鎮める作用に注目していくが、小青竜湯が「アレルギー性鼻炎」「花粉症」といった鼻水症状の他に、咳に対しても効果を期待できることを知っていれば判断できる。

なお、麦門冬湯は「から咳」がキーワードになるが、バクモンドウ(麦門冬)が主薬で、マオウ(麻黄)は含まれていない。

正答・・・2


問68
胃腸鎮痛鎮痙薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア ジサイクロミン塩酸塩は、交感神経の伝達物質であるノルアドレナリンと受容体の反応を促進することで、消化管の運動や胃液の分泌を抑える。

イ パパベリン塩酸塩は、消化管の平滑筋に直接働いて胃腸の痙攣を鎮める作用を示すほか、胃液分泌を抑える作用もある。

ウ オキセサゼインは、眼圧を上昇させる作用を示すことが知られており、緑内障の診断を受けた人では、症状の悪化を招くおそれがある。

エ 鎮痛鎮痙の効果を期待して局所麻酔成分が配合されている場合があるが、痛みが感じにくくなることで重大な消化器疾患や状態の悪化等を見過ごすおそれがあり、長期間にわたって漫然と使用することは避けることとされている。

  ア イ ウ エ
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 正
4 誤 正 正 誤
5 誤 誤 誤 正


胃腸鎮痛鎮痙薬に関する問題。
cは「正しい」を選びやすいところだが注意を。

ア 誤り。ジサイクロミン塩酸塩は抗コリン成分なので「交感神経の伝達物質であるアセチルコリンと受容体の反応を妨げる」なら正しい。なお、この成分は現在市販薬としては恐らく販売されているものがない。
イ 誤り。後半が誤り。パパベリン塩酸塩は消化管の平滑筋に直接働いて胃腸の痙攣を鎮める作用を示す。また「抗コリン成分と異なり胃液分泌を抑える作用は見出されない」はなぜか頻出で、併せて押さえておく。
ウ 誤り。オキセサゼインは局所麻酔作用のほか、胃液分泌を抑える作用もあるとされているが、抗コリン様の副作用の記述はない。なお、配合されているOTCは「サクロンQ」ぐらい。5章でも出題されることがあり、妊婦又は妊娠していると思われる女性、15歳未満の小児では使用を避けることも合わせて押さえておきたい。
エ 正しい。

正答・・・5

・・・
問69
鎮暈薬(乗り物酔い防止薬)に配合される成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア アミノ安息香酸エチルは、胃粘膜への麻酔作用によって嘔吐刺激を和らげ、乗り物酔いに伴う吐き気を抑える。

イ スコポラミン臭化水素酸塩水和物は、乗り物酔い防止に古くから用いられている抗コリン成分であり、消化管から吸収されにくく、他の抗コリン成分と比べて脳内に移行しにくいとされている。

ウ ジメンヒドリナートは、脳に軽い興奮を起こさせて平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させる。

エ ジフェニドール塩酸塩は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 誤


鎮暈薬(乗り物酔い防止薬)に配合される成分に関する問題。

ア 正しい。アミノ安息香酸エチルは局所麻酔成分。「アネロンニスキャップ」等に配合されている。
イ 誤り。スコポラミン臭化水素酸塩抗コリン成分(抗ヒスタミンではない)であり前半部分は正しいが、他の抗コリン成分と比べて脳内に移行しやすく、肝臓で速やかに代謝されてしまうため、抗ヒスタミン成分等と比べて作用の持続時間は短い。
ウ 誤り。これはカフェインやジプロフィリンなどのキサンチン系と呼ばれる成分に関する内容。ジメンヒドリナートは、ジフェンヒドラミンテオクル酸塩の一般名で抗ヒスタミン薬。専ら乗物酔い防止薬に配合される。
エ 正しい。ジフェニドール塩酸塩は抗めまい成分。

正答・・・3


問70
鎮咳去痰薬に配合される成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア メチルエフェドリン塩酸塩は、交感神経系を刺激して気管支を拡張させる作用を示し、呼吸を楽にして咳や喘息の症状を鎮める。

イ メチルシステイン塩酸塩は、痰の中の粘性タンパク質を溶解・低分子化して粘性を減少させる。

ウ ノスカピン塩酸塩は、モルヒネと同じ基本構造を持ち、依存性がある成分であり、麻薬性鎮咳成分とも呼ばれる。

エ ジヒドロコデインリン酸塩は、胃腸の運動を亢進させる作用を示し、副作用として下痢が現れることがある。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤


鎮咳去痰薬に配合される成分に関する問題。

ア 正しい。 メチルエフェドリン塩酸塩はアドレナリン作動性成分。
イ 正しい。メチルシステイン塩酸塩は去痰成分。
ウ 誤り。ノスカピン塩酸塩麻薬性鎮咳成分。
エ 誤り。ジヒドロコデインリン酸塩は麻薬性鎮咳成分。副作用として便秘がある。
↓ノスカピン等が配合された市販風邪薬の成分表


正答・・・2

(Visited 472 times, 1 visits today)

Follow me!