R2 千葉県(東京・神奈川・埼玉共通) 第3章 主な医薬品とその作用 (問61-70)

問67~問70はマイナー成分登場で難しい。

問61
かぜ及びかぜ薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a かぜであるからといって必ずしもかぜ薬(総合感冒薬)を選択するのが最適とは限らず、発熱、咳など症状がはっきりしている場合には、効果的に症状の緩和を図るため、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬などを選択することが望ましい。

b 急激な発熱を伴う場合や、症状が4日以上続くとき、又は症状が重篤なときは、かぜではない可能性が高い。

c 香蘇散は、体力中等度又はやや虚弱で、多くは腹痛を伴い、ときに微熱・寒気・頭痛・吐きけなどのあるものの胃腸炎、かぜの中期から後期の症状に適すとされる。

d 麻黄湯は、体力充実して、かぜのひきはじめで、寒気がして発熱、頭痛があり、咳が出て身体のふしぶしが痛く汗が出ていないものの感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまりに適すとされる。

  a b c d
1 誤 正 誤 誤
2 正 正 正 正
3 正 誤 正 誤
4 正 正 誤 正
5 誤 誤 正 正


かぜ及びかぜ薬に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。これは「かぜの中期から後期」より柴胡桂枝湯に関する内容とわかる。香蘇散は、体力虚弱で神経過敏で気分がすぐれず胃腸の弱いもののかぜの初期、血の道症に適すとされる。
d 正しい。 

正答・・・4


問62
かぜ薬の配合成分とその配合目的の組合せのうち、正しいものの組合せはどれか。

配合成分 配合目的
a ブロムヘキシン塩酸塩 ―――― 解熱鎮痛
b ヨウ化イソプロパミド ―――― 抗コリン
c クロペラスチン塩酸塩 ―――― 去痰
d クレマスチンフマル酸塩 ――― 抗ヒスタミン

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)


かぜ薬の配合成分に関する問題。

a 誤り。ブロムヘキシン塩酸塩は去痰成分。
b 正しい。ヨウ化イソプロパミドは抗コリン成分で、鼻水やくしゃみを抑える目的で使用される。
c 誤り。クロペラスチン塩酸塩は非麻薬性鎮咳成分だが、現在市販薬として殆ど見かけない。
d 正しい。クレマスチンフマル酸塩は代表的な抗ヒスタミン成分。医療用では「テルギンG」としても有名


正答・・・4


問63
解熱鎮痛薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a ピリン系の解熱鎮痛成分として、アスピリンやサザピリンがある。

b アスピリンを含む一般用医薬品の解熱鎮痛薬は、インフルエンザにかかっている15歳未満の小児の解熱に対して使用が推奨されている。

c 生薬成分のジリュウは、ツヅラフジ科のオオツヅラフジの蔓性の茎及び根茎を、横切したものを基原とするもので、鎮痛、尿量増加(利尿)等の作用を期待して用いられる。

d イソプロピルアンチピリンは、解熱及び鎮痛の作用は比較的強いが、抗炎症作用は弱いため、他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合される。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 正 正 誤 誤
3 誤 正 誤 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 正 誤


解熱鎮痛薬及びその配合成分に関する問題。

a 誤り。この試験で「(唯一の)ピリン系解熱鎮痛成分」ときたらイソプロピルアンチピリンである。
b 誤り。ここでは、ライ症候群に関する知識が問われている。
まず、「アスピリン(アスピリンアルミニウムも同様)、サザピリンは、(急性脳症の症状がでる)ライ症候群の発生が示唆されており、15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も一般用医薬品として使用してはならない
次に(アスピリンと同じくサリチル酸系の)「エテンザミド及びサリチルアミドについては、水痘(水疱瘡 )又はインフルエンザにかかっている15歳未満の小児に対しては使用を避ける」ことも区別して理解しておく。
c 誤り。ジリュウ(地竜)とくれば「フトミミズ科の・・」なので誤り。
d 正しい。なお、イソプロピルアンチピリン含有製品はセデスブランドが有名。(IPAはイソプロピルアンチピリンのこと)

正答・・・4


問64
プロスタグランジン及び解熱鎮痛薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a プロスタグランジンはホルモンに似た働きをする物質で、体の各部位で発生した痛みが脳へ伝わる際に、そのシグナルを増幅することで痛みの感覚を強めている。

b 末梢におけるプロスタグランジンの産生抑制は、循環血液量と腎血流量を増加させる。

c 解熱鎮痛薬は、頭痛の症状が現れないうちに予防的に使用することが適切である。

d 解熱鎮痛薬の坐薬とかぜ薬の内服薬の併用は、それぞれ吸収する部位が異なるため、影響し合うことはない。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 正 誤 誤 誤
3 誤 正 誤 誤
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 正 誤


プロスタグランジン及び解熱鎮痛薬に関する問題。bの判断が一番難しいが、他がわかれば正答できる。
プロスタグランジンのイメージが掴みづらい受験生もいるかもしれないが、とりあえず、試験対策上は「発痛増強物質」のようなイメージで良いでしょう。

a 正しい。
b 誤り。末梢におけるプロスタグランジンの産生抑制は、腎血流量を減少させるため、腎機能に障害があると、その症状を悪化させる可能性がある。
c 誤り。「一般用医薬品」において「予防的に服用」ときたら大抵誤り。
d 誤り。影響し合う。

正答・・・2


問65
眠気を促す薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 柴胡加竜骨牡蛎湯は、体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪く、ときに熱感を伴うものの貧血、不眠症、精神不安、神経症に適すとされる。

b ジフェンヒドラミン塩酸塩は、脳内におけるヒスタミン刺激を高めて、眠気を促す。

c ブロモバレリル尿素を含有する催眠鎮静薬は、胎児に障害を引き起こさないため、妊婦の睡眠障害の緩和に適している。

d 酸棗仁湯は、体力中等度以下で、心身が疲れ、精神不安、不眠などがあるものの不眠症、神経症に適すとされる。

  a b c d
1 誤 誤 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 正 誤 誤 誤
4 誤 正 正 誤
5 正 正 誤 正


眠気を促す薬及びその配合成分に関する問題。

a 誤り。これは加味帰脾湯に関する内容。
b 誤り。ジフェンヒドラミン塩酸塩は抗ヒスタミン成分。脳内におけるヒスタミン刺激が低下することで、眠気を促す。
c 誤り。。ブロモバレリル尿素は、妊婦又は妊娠していると思われる女性は使用を避ける。
d 正しい。関連記事:酸棗仁湯

正答・・・1


問66
眠気防止薬の主な有効成分として配合されるカフェインに関する次の記述の正誤のうち、正しい組合せはどれか。

a 副作用として動悸が現れることがある。

b 腎臓におけるナトリウムイオンの再吸収促進作用があり、尿量の増加をもたらす。

c 脳に軽い興奮状態を引き起こし、一時的に眠気や倦怠感(だるさ)を抑える効果がある。

  a b c
1 誤 誤 正
2 正 誤 正
3 正 誤 誤
4 誤 正 誤
5 正 正 正


カフェインに関する問題。

a 正しい。
b 誤り。×再吸収促進作用⇒〇再吸収抑制作用。
c 正しい。

正答・・・2


問67
鎮暈薬(乗物酔い防止薬)の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a ジフェニドール塩酸塩は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。

b スコポラミン臭化水素酸塩水和物は、肝臓で代謝されにくいため、抗ヒスタミン成分と比べて作用の持続時間が長い。

c ピリドキシン塩酸塩は、吐きけの防止に働くことを期待して配合されている。

  a b c
1 正 誤 正
2 誤 正 誤
3 正 正 正
4 誤 誤 正
5 正 誤 誤


鎮暈薬(乗物酔い防止薬)の配合成分に関する問題。
この分野でビタミン群の内容が問われると難しい。

a 正しい。抗めまい成分のジフェニドール塩酸塩に関する内容。
b 誤り。スコポラミン臭化水素酸塩水和物は乗り物酔い防止薬として使用される抗コリン成分。肝臓で速やかに代謝されてしまうため、抗ヒスタミン成分等と比べて作用の持続時間は短い
また、メクリジン塩酸塩は乗り物酔い防止薬として使用される抗ヒスタミン成分で、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが遅く持続時間が長い。もセットで学習を。
↓「トラベルミンファミリー」

c 正しい。ピリドキシン塩酸塩はビタミンB6。

正答・・・ 1


問68
鎮咳去痰薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a グアイフェネシンは、気道粘膜からの粘液分泌を促進し、痰の切れを良くする。

b ジプロフィリンは、延髄の咳嗽中枢に作用して咳を抑える。

c メトキシフェナミン塩酸塩は、粘液成分の含量比を調整し痰の切れを良くする。

  a b c
1 誤 誤 正
2 正 正 正
3 正 誤 誤
4 誤 正 誤
5 正 誤 正


鎮咳去痰薬の配合成分に関する問題。

a 正しい。グアイフェネシンは去痰成分。
b 誤り。 ジプロフィリンは気管支拡張成分。(アドレナリン作動成分とは異なり)気管支の平滑筋に直接作用して弛緩させ、気管支を拡張させる。
c 誤り。メトキシフェナミン塩酸塩はアドレナリン作動性の気管支拡張成分。

正答・・・3


問69
鎮咳去痰薬に配合される生薬成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a ナンテンジツは、メギ科のシロミナンテン(シロナンテン)又はナンテンの果実を基原とする生薬で、知覚神経・末梢運動神経に作用して咳止めに効果があるとされる。

b バクモンドウは、ヒメハギ科のイトヒメハギの根を基原とする生薬で、去痰作用を期待して用いられる。

c ゴミシは、オオバコ科のオオバコの花期の全草を基原とする生薬で、咳嗽中枢を鎮静させる作用を示す。

d セキサンは、ヒガンバナ科のヒガンバナ鱗茎を基原とする生薬で、去痰作用を期待して用いられる。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 誤 正 誤
5 誤 正 誤 正


鎮咳去痰薬に配合される生薬成分に関する問題。
とりあえず、比較的出題されているb,cで選択枝を絞れるように。

a 正しい。関連記事:ナンテンジツ(南天実)
b 誤り。バクモンドウ(麦門冬)はユリ科のジャノヒゲの根の膨大部を基原とする生薬。麦門冬湯の主薬で鎮咳、去痰、滋養強壮等の作用があるとされている。ヒメハギ科のイトヒメハギの根を基原とする生薬はオンジ(遠志)。
c 誤り。これはシャゼンソウ(車前草)に関する内容。オオバコがキーワード。
d 正しい。セキサンは昨年に続き出題されました。

正答・・・  2


問70
口腔咽喉薬・うがい薬(含嗽薬)及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a ラタニアは、クラメリア科のクラメリア・トリアンドラ及びその同属植物の根を基原とする生薬で、咽頭粘膜をひきしめる(収斂)作用により炎症の寛解を促す効果を期待して用いられる。

b 駆風解毒湯は、体力に関わらず、喉が腫れて痛む扁桃炎、扁桃周囲炎に適すとされる。

c トラネキサム酸は、声がれ、喉の荒れ、喉の不快感、喉の痛み又は喉の腫れの症状を鎮めることを目的として用いられる。

d デカリニウム塩化物は、炎症を生じた粘膜組織の修復を促す作用を期待して配合される。

  a b c d
1 正 誤 誤 誤
2 誤 正 正 正
3 誤 誤 正 誤
4 正 正 正 誤
5 正 正 誤 正


口腔咽喉薬・うがい薬(含嗽薬)及びその配合成分に関する問題。
トローチ向けの殺菌消毒成分は、これまでセチルピリジニウム塩化物の出題の方が多かったが、今回デカリニウム塩化物が出題されている。

a 正しい。
b 正しい。関連記事:駆風解毒湯
c 正しい。頻出のトラネキサム酸は抗炎症成分。口内炎用薬や、「のどの痛み」向けを謳った総合感冒薬にも良く配合されている。
d 誤り。デカリニウム塩化物はトローチ剤に使用される殺菌消毒成分。市販薬での使用はあまり見かけないが、医療用の「SPトローチ」の成分として知られる。


正答・・・4

(Visited 3,681 times, 1 visits today)

Follow me!