R1 千葉県(東京・神奈川・埼玉共通) 第3章 主な医薬品とその作用 (問61-70)

問69(鎮咳去痰薬)は難しい

問61
かぜ(感冒)の発症や症状に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a かぜの約8割は細菌の感染が原因であるが、それ以外にウイルスの感染などがある。

b 急激な発熱を伴う場合や、症状が4日以上続くとき、又は症状が重篤なときは、かぜではない可能性が高い。

c かぜとよく似た症状が現れる疾患に、喘息、アレルギー性鼻炎、リウマチ熱、関節リウマチ、肺炎、肺結核、髄膜炎、急性肝炎、尿路感染症等がある。

  a b c
1 正 正 正
2 誤 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 正


かぜ(感冒)の基本的知識に関する問題。
この分野は例年サービス問題だが、cの選択肢は病名があまりに並んでいるため迷ったかもしれない。

a 誤り。手引きには、かぜの原因として、約8割はウイルスの感染が原因で、それ以外に細菌の感染や、まれに冷気や乾燥、アレルギーのような非感染性の要因による場合もあると記載されている。
b 正しい。
c 正しい。ここまで病名が並ぶのも珍しいが、手引きの記載どおり。

正答・・・5


問62
かぜ薬(総合感冒薬)の配合成分とその配合目的の組合せのうち、正しいものの組合せはどれか。

配合成分 配合目的
a サリチルアミド ―――――― 痰の切れを良くする
b トラネキサム酸 ―――――― 炎症による腫れを和らげる
c クレマスチンフマル酸塩 ―― 発熱を鎮め、痛みを和らげる
d クロペラスチン塩酸塩 ――― 咳を抑える

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)


総合感冒薬の配合成分に関する問題。
マイナーなクロペラスチン塩酸塩の判断が迷うが、他は頻出でありa,b,cの判断で正答できる。

a 誤り。サリチルアミドはサリチル酸系解熱鎮痛成分。
b 正しい。超頻出のトラネキサム酸は抗炎症成分。「のどの痛み」向けを謳った総合感冒薬に良く配合されている。

c 誤り。
d 正しい。

正答・・・4


問63
解熱鎮痛薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a アセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。

b エテンザミドは、他の解熱鎮痛成分に比べ、痛みが神経を伝わっていくのを抑える働きが強く、予期せぬ作用の増幅が懸念されることから、他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合してはならないとされている。

c ボウイは、フトミミズ科のPheretima aspergillum Perrier 又はその近縁動物の内部を除いたものを基原とする生薬で、古くから「熱さまし」として用いられてきた。

d 現在では、イソプロピルアンチピリンが一般用医薬品で唯一のピリン系解熱鎮痛成分となっている。

  a b c d
1 正 誤 誤 正
2 誤 正 誤 誤
3 誤 誤 正 誤
4 誤 正 正 正
5 正 誤 正 誤


解熱鎮痛薬の成分に関する問題。

a 正しい。。アセトアミノフェン「末梢における抗炎症作用は期待できない」は頻出。他に「15歳未満の小児でも使用できる」「空腹時でも服用できる」点なども押させておく。
↓アセトアミノフェンが主成分の製品

b 誤り。
c 誤り。×ボウイ→〇ジリュウ(地竜)。「熱さまし」の生薬→ジリュウ(地竜)は直ぐに思いつくように。(平成29年にも同様な出題あり)
d 正しい。この試験で「(唯一の)ピリン系解熱鎮痛成分」ときたら、イソプロピルアンチピリンである。
セデスブランドに配合されていることが知られる。(IPAはイソプロピルアンチピリンのこと)

正答・・・1


問64
鎮痛の目的で用いられる漢方処方製剤に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 芍薬甘草湯は、体力に関わらず、筋肉の急激な痙攣を伴う痛みのあるもののこむらがえり、筋肉の痙攣、腹痛、腰痛に適すとされ、比較的長期間(1ヶ月位)服用されることが望ましい。

b 薏苡仁湯は、体力中等度なものの関節や筋肉のはれや痛みがあるものの関節痛、筋肉痛、神経痛に適すとされ、構成生薬としてカンゾウとマオウを含む。

c 疎経活血湯は、体力中等度で痛みがあり、ときにしびれがあるものの関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛に適すとされ、構成生薬としてカンゾウを含む。

d 呉茱萸湯は、体力虚弱で、汗が出、手足が冷えてこわばり、ときに尿量が少ないものの関節痛、神経痛に適すとされ、構成生薬としてカンゾウを含む。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)


鎮痛の目的で用いられる漢方薬に関する問題。

a 誤り。「こむら返り」の漢方薬とくれば芍薬甘草湯カンゾウを多く含むことから長期連用は避ける。(偽アルドステロン症
b 正しい。関連記事:薏苡仁湯(ヨクイニントウ)
c 正しい。関連記事:疎経活血湯
d 誤り。呉茱萸湯は頭痛向けの漢方として知られる。カンゾウを含まない漢方として頻出である。

正答・・・3


問65
眠気を促す薬及びその配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬は、慢性的に不眠症状がある人や、医療機関において不眠症の診断を受けている人を対象としている。

b チョウトウコウは、クロウメモドキ科のサネブトナツメの種子を基原とする生薬で、神経の興奮・緊張緩和を期待して用いられる。

c 小児及び若年者では、抗ヒスタミン成分により眠気とは反対の神経過敏や中枢興奮などが現れることがある。

d 抑肝散は、体力中等度をめやすとして、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症、歯ぎしり、更年期障害、血の道症に適すとされる。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)


眠気を促す薬及びその配合成分に関する問題。
今年もこの分野では登場していないが、市販の睡眠改善薬に使用される抗ヒスタミン薬はジフェンヒドラミン塩酸塩であることも押させておきたい(代表例:ドリエル)。なお問85の授乳に関する内容で登場します。

a 誤り。「慢性的に」とくれば、一般用医薬品は対象外と思ってよい。
b 誤り。これはサンソウニン(酸棗仁)に関する内容(関連:酸棗仁湯)。チョウトウコウ(釣藤鈎)は抑肝散の構成生薬の一つである。「カギカズラ」がキーワード。なお、昨年のコピぺ内容である。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・5


問66
眠気防止薬の主な有効成分として配合されるカフェインに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 心筋を興奮させる作用があり、副作用として動悸が現れることがある。

b カフェインの血中濃度が最高血中濃度の半分に低減するのに要する時間は、通常の成人が約3.5時間であるのに対して、乳児では約80時間と非常に長い。

c 吸収されて循環血液中に移行したカフェインの一部は、血液-胎盤関門を通過して胎児に到達することが知られている。

d 安全使用の観点から留意すべき作用に、胃液の分泌を抑える作用がある。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 正 正 正 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 正


カフェインに関する問題。

a 正しい。
b 正しい。
c 正しい。
d 誤り。

正答・・・2


問67
鎮暈薬(乗物酔い防止薬)の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a ジフェニドール塩酸塩は、排尿困難の症状がある人では、その症状を悪化させるおそれがある。

b スコポラミン臭化水素酸塩水和物は、乗物酔い防止に古くから用いられている抗ヒスタミン成分である。

c ジプロフィリンは、脳への抑制作用により、平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させることを目的として、配合されている。

d メクリジン塩酸塩(塩酸メクリジン)は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが遅く持続時間が長い。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(c、d)


鎮暈薬(乗物酔い防止薬)の配合成分に関する問題。

a 正しい。ジフェニドール塩酸塩は抗めまい成分。抗ヒスタミン薬と類似の薬効を示すことから、排尿困難のある方や緑内障に関する注意「相談すること」が記載されている。
b 誤り。度々出題されているひっかけ問題。代表的な乗り物酔い防止薬であるスコポラミン臭化水素酸塩抗コリン成分(抗ヒスタミン成分ではない!)。
c 誤り。ジプロフィリンはキサンチン系成分。脳に軽い興奮を起こさせて平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させる。
d 正しい。メクリジン塩酸塩は乗り物酔い防止薬に使用される(トラベルミンファミリーなど)。他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが遅く持続時間が長いとされている。


正答・・・3


問68
小児の疳、小児鎮静薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 身体的な問題がなく生じる夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状については、成長に伴って自然に治まるのが通常である。

b 桂枝加竜骨牡蛎湯を小児の夜泣きに用いる場合、作用が比較的緩和なため、長期間(1ヶ月間位)服用して様子をみることが望ましい。

c レイヨウカクは、ウシ科のサイカレイヨウ(高鼻レイヨウ)等の角を基原とする生薬で、緊張や興奮を鎮める作用等を期待して用いられる。

d 鎮静と中枢刺激のように相反する作用を期待する生薬成分が配合されている場合もあるが、身体の状態によってそれらに対する反応が異なり、総じて効果がもたらされると考えられている。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 誤 正 誤 正
3 誤 誤 正 誤
4 正 誤 正 正
5 正 誤 誤 誤


小児鎮静薬に関する問題。
桂枝加竜骨牡蛎湯はH28にも出題されています。
関連記事:抑肝散 ・抑肝散加陳皮半夏、 小建中湯柴胡加竜骨牡蠣湯

a 正しい。
b 誤り。小児鎮静薬に分類される漢方薬全般について、1週間位服用しても症状の改善がみられないときには、いったん服用を中止して、専門家に相談する等、その漢方処方製剤の使用が適しているかどうか見直すなどの対応が必要。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・4


問69
鎮咳去痰薬に配合される生薬成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a カンゾウは、柴朴湯、麦門冬湯、五虎湯、麻杏甘石湯、神秘湯に構成生薬として含まれる。

b シャゼンソウは、ユリ科のジャノヒゲの根の膨大部を基原とする生薬で、鎮咳、去痰、滋養強壮等の作用を期待して用いられる。

c セキサンは、バラ科のヤマザクラ又はその他近縁植物の、通例、周皮を除いた樹皮を基原とする生薬で、去痰作用を期待して用いられる。

d ナンテンジツは、ヒメハギ科のイトヒメハギの根を基原とする生薬で、去痰作用を期待して用いられる。

  a b c d
1 正 誤 誤 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 誤 正 正
5 誤 正 正 誤


鎮咳去痰薬に配合される生薬成分に関する問題。
過去問では殆ど登場していないセキサンの判断ができないと正答できない問題。
こうゆう問題が本番で出たら、2択まで絞って少しでも正答確率をあげるしかない。

a 正しい。この中に、カンゾウを含まない漢方として頻出の「半夏厚朴湯」が入っていないところが判断のポイント。
b 誤り。
c 誤り。手引きによると、「セキサンはヒガンバナ科の鱗茎を基原とする生薬で、去痰作用を期待していられる」 「セキサンのエキスは別名を白色濃厚セキサノールとも呼ばれる」
d 誤り。

正答・・・1


問70
鎮咳去痰薬に配合される成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a カルボシステインは、痰の中の粘性タンパク質を溶解・低分子化して粘性を減少させるとともに、粘液成分の含量比を調整することにより、痰の切れを良くすることを目的として配合される。

b デキストロメトルファン臭化水素酸塩は、交感神経系を刺激して気管支を拡張させる作用を示し、呼吸を楽にして咳や喘息の症状を鎮めることを目的として用いられる。

c メトキシフェナミン塩酸塩は、心臓病、高血圧、糖尿病又は甲状腺機能障害の診断を受けた人では、症状を悪化させるおそれがある。

d トリメトキノール塩酸塩は、抗炎症作用のほか、気道粘膜からの粘液の分泌を促進することを目的として用いられる。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)


鎮咳去痰薬に配合される成分に関する問題。

a 正しい。カルボシステインは代表的な去痰成分。医療用では「ムコダイン」として知られる。

b 誤り。デキストロメトルファン臭化水素酸塩は非麻薬性の鎮咳成分(アドレナリン作動性成分ではない)。医療用ではメジコンの製品名で知られる。

c 正しい。
d 誤り。トリメトキノール塩酸塩はアドレナリン作動性の気管支拡張成分。OTCではマイナーな成分で含有製品は殆どみかけないが、昨年に続いて出題された。

正答・・・2

(Visited 186 times, 1 visits today)

Follow me!