R5 関西広域連合 第3章 主な医薬品とその作用 (問21-30)

マオウの有無(問23)は難しい。

問21
かぜ及びかぜ薬(総合感冒薬)に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a かぜは様々な症状が組み合わさって現れるため、様々な症状を緩和させるために多くの成分を含有する総合感冒薬を選択することが推奨される。

b かぜ薬は症状の緩和に加えて、原因となるウイルスの増殖抑制効果も期待できる。

c 冷気や乾燥、アレルギーのような非感染性の要因は、かぜの原因とはならない。

d かぜはウイルス(ライノウイルス、コロナウイルスなど)の感染が原因であり、細菌の感染は原因とはならない。

  a b c d
1 誤 誤 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 誤 正 誤 誤
4 正 誤 誤 誤
5 誤 誤 誤 誤


かぜ及びかぜ薬(総合感冒薬)に関する問題

a 誤 発熱、咳 、鼻水など症状がはっきりしている場合には、症状を効果的に緩和させるため、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、鼻炎を緩和させる薬などを選択することが望ましい。存在しない症状に対する不要な成分が配合されていると、無意味に副作用のリスクを高めることとなる。
b 誤 かぜ薬は、ウイルスの増殖を抑えたり、体内から除去するものではなく、かぜによる咳や発熱など、それら諸症状の緩和を図る対症療法薬である。
c 誤 かぜの約8割はウイルスの感染が原因であるが、それ以外に細菌の感染や、まれに冷気や乾燥、アレルギーのような非感染性の要因による場合もある。
d 誤 上記解説を参照。

正解・・・5


問22
かぜ薬(総合感冒薬)の配合成分とその配合目的との関係について、正しいものの組合せを一つ選べ。

配合成分 配合目的
a サリチルアミド  咳を抑える。
b グアイフェネシン  痰の切れを良くする。
c チペピジンヒベンズ酸塩  発熱を鎮める。
d ベラドンナ総アルカロイド  くしゃみや鼻汁を抑える。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d)


かぜ薬(総合感冒薬)の配合成分とその配合目的に関する問題

a 誤 サリチルアミドは、サリチル酸系解熱鎮痛成分である。
↓サリチルアミドを配合した感冒薬

b 正 グアイフェネシンは、去痰成分である。
c 誤 チペピジンヒベンズ酸塩は非麻薬性鎮咳成分である。
d 正 ベラドンナ総アルカロイド は抗コリン成分である。
↓ベラドンナ総アルカロイドが配合された感冒薬


正解・・・5


問23
かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤のうち、マオウを含むものの組合せを一つ選べ。

a 柴胡桂枝湯
b 麦門冬湯
c 小青竜湯
d 葛根湯

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)


かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤のうち、マオウ(麻黄)を含むものに関する問題
かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤の主なものに、葛根湯麻黄湯小柴胡湯、柴胡桂枝湯、小青竜湯桂枝湯香蘇散半夏厚朴湯麦門冬湯がある。

なお、今回選択肢にある4つとも全てカンゾウ(甘草)は含んでいる。

a 誤 マオウを含まない。
b 誤 マオウを含まない。
c 正 
d 正

正解・・・5


問24
解熱鎮痛薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a アセトアミノフェンは、15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も一般用医薬品として使用してはならない。

b アスピリン喘息は、アスピリン特有の副作用であり、他の解熱鎮痛成分では起こらない。

c 解熱鎮痛薬の服用期間中は、飲酒は避けることとされている。

d 多くの解熱鎮痛薬には、体内におけるプロスタグランジンの産生を抑える成分が配合されている。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 誤 誤


解熱鎮痛薬及びその配合成分に関する問題

a 誤 これは、アスピリン(アスピリンアルミニウムを含む。)、及びサザピリン及びサリチル酸ナトリウムに関する記述である。
b 誤 アスピリン喘息は、アスピリン特有の副作用ではなく、他の解熱鎮痛成分でも生じる可能性がある。
c 正
d 正

正解・・・3


問25
解熱鎮痛薬に配合される成分の配合目的に関する記述について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a ケイヒは、骨格筋の緊張を鎮める目的で配合される。

b 水酸化アルミニウムゲルは、解熱鎮痛成分(生薬成分を除く。)による胃腸障害の軽減を目的として配合される。

c メトカルバモールは、中枢神経系を刺激して頭をすっきりさせたり、疲労感・倦怠感を和らげることなどを目的として配合される。

d ビタミンB1は、発熱等によって消耗されやすいビタミンの補給を目的として配合される。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d)


解熱鎮痛薬に配合される成分の配合目的に関する問題
メトカルバモールの出題は珍しい。

a 誤 解熱鎮痛薬において、ケイヒ(桂皮)は発汗を促して解熱を助ける作用を期待して用いられる。
b 正
c 誤 これはカフェイン類に関する記述である。メトカルバモールは 骨格筋の緊張を鎮める成分で、骨格筋の緊張をもたらす脊髄反射を抑制する作用があり、いわゆる「筋肉のこり」を和らげることを目的に配合される。
d 正 ビタミンB1に関する記述である。

正解・・・5


問26
25歳女性が月経痛の症状があるため、次の成分の一般用医薬品の解熱鎮痛薬を購入する目的で店舗を訪れた。

1錠中:
成分 分量
イソプロピルアンチピリン 75 mg
アセトアミノフェン 125 mg
アリルイソプロピルアセチル尿素 30 mg
無水カフェイン 25 mg

この解熱鎮痛薬に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a イソプロピルアンチピリンは、ピリン系解熱鎮痛成分によって薬疹等のアレルギーを起こしたことのある人は使用しない。

b 本剤には、血栓予防薬としても用いられる成分が含まれている。

c アセトアミノフェンは、他の解熱鎮痛成分に比べて胃腸障害を起こしやすいため、本剤は空腹を避けて服用する。

d アリルイソプロピルアセチル尿素は、脳の興奮を抑え、痛覚を鈍くする効果が期待できる。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 誤 正 誤
4 正 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 正


解熱鎮痛薬の成分表示に関する問題

a 正 イソプロピルアンチピリンは一般用医薬品で唯一のピリン系解熱鎮痛成分であることは押さえておきたい。なお、市販薬ではセデスブランドが有名。

b 誤 アスピリンに関する記述だが、含んでいない。
c 誤 アセトアミノフェンは、他の解熱鎮痛成分のような胃腸障害は少なく、空腹時に服用できる製品もあるが、食後の服用が推奨されている。同剤は、他にも「末梢における抗炎症作用は期待できない」「15歳未満の小児でも使用できる」点なども押させておく。
↓アセトアミノフェンが主成分の製品

d 正 アリルイソプロピルアセチル尿素は鎮静成分である。
↓アリルイソプロプルアセチル尿素も配合した鎮痛薬


正解・・・2


問27
神経質、精神不安、不眠等の症状の改善を目的とした漢方処方製剤に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 加味帰脾湯は、体力中等度以上で、精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う高血圧の随伴症状、神経症、更年期神経症、小児夜なき、便秘に適すとされる。

b 抑肝散は、体力中等度をめやすとして、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症、歯ぎしり、更年期障害、血の道症に適すとされる。

c 酸棗仁湯は、体力中等度以下で、心身が疲れ、精神不安、不眠などがあるものの不眠症、神経症に適すとされる。

d 柴胡加竜骨牡蛎湯は、体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪く、ときに熱感を伴うものの貧血、不眠症、精神不安、神経症に適すとされる。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 正 正 誤 誤
5 正 誤 誤 正


神経質、精神不安、不眠等の症状の改善を目的とした漢方処方製剤に関する問題

a 誤 加味帰脾湯ではなく柴胡加竜骨牡蛎湯に関する記述である。この分野(鎮静系)で登場する漢方は、虚証向けのものが大部分だが、柴胡加竜骨牡蛎湯は、実証向け(体力中等度以上)である点を知っていると判断しやすい。
b 正 抑肝散に関する記述である。
c 正 酸棗仁湯に関する記述である。
d 誤 柴胡加竜骨牡蛎湯ではなく、加味帰脾湯に関する記述である。「熱感を伴うものの貧血」が特徴的なキーワードである。

正解・・・2


問28
眠気防止薬の有効成分として配合されるカフェインに関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 腎臓におけるナトリウムイオンの再吸収抑制作用があり、尿量の増加をもたらす。

b 胃液分泌抑制作用があるため、胃酸過多の人でも服用できる。

c 作用は弱いながら反復摂取により依存を形成するという性質がある。

d 乳汁中に移行しないことから、授乳中の女性でも摂取量を気にせず摂取できる。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 誤
3 正 正 誤 正
4 正 誤 誤 誤
5 誤 誤 誤 誤


眠気防止薬の有効成分として配合されるカフェインに関する問題。

a 正
b 誤 胃液分泌亢進作用があり、その結果、副作用として胃腸障害(食欲不振・悪心・嘔吐)が現れることがある。
c 正 カフェインは作用は弱いながら反復摂取により依存を形成するという性質があり、「短期間の服用にとどめ、連用しないこと」とされている。
d 誤 摂取されたカフェインの一部は乳汁中に移行する。授乳中の女性がカフェインを大量に摂取したり、カフェインを連用したりした場合には、乳児の体内にカフェインが蓄積して、頻脈や不眠等を引き起こす可能性がある。そのため、授乳期間中はカフェインの総摂取量が継続して多くならないよう留意する。

正解・・・2


問29
乗物酔い防止薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a ジプロフィリンは、不安や緊張などの心理的な要因を和らげることにより乗物酔いの発現を抑える。

b メクリジン塩酸塩は、胃粘膜への麻酔作用によって嘔吐刺激を和らげる。

c スコポラミン臭化水素酸塩水和物は、肝臓で速やかに代謝されるため、抗ヒスタミン成分と比べて作用の持続時間は短い。

d ジフェニドール塩酸塩は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 誤 誤


鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に関する問題。

a 誤 これは鎮静成分(ブロモバレリル尿素など)に関する記述である。
ジプロフィリンはキサンチン系成分で、脳に軽い興奮を起こさせて平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させることを目的として配合される場合がある。
b 誤 これは局所麻酔成分(アミノ安息香酸エチルなど)に関する記述である。
メクリジン塩酸塩は抗ヒスタミン成分で、延髄にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑える作用を示す。
c 正 スコポラミン臭化水素酸塩水和物は乗り物酔い防止薬として使用される抗コリン成分で、肝臓で速やかに代謝されてしまうため、抗ヒスタミン成分等と比べて作用の持続時間は短い。また、メクリジン塩酸塩は乗り物酔い防止薬として使用される抗ヒスタミン成分で、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが遅く持続時間が長い。もセットで学習を。
d 正 ジフェニドール塩酸塩は抗めまい成分であり、正しい記述である。
↓「トラベルミンファミリー」


正解・・・3


問30
小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a ゴオウ、ジャコウは、鎮静、健胃、強壮などの作用を期待して、小児の疳を適応症とする生薬製剤に用いられる。

b 身体的な問題がなく生じる夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状については、症状が治まるまでは保護者側の安眠等を図ることを優先して小児鎮静薬を使用することは適すとされている。

c 小児の疳を適応症とする漢方処方製剤のうち、用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合は、生後1か月の乳児にも使用できる。

d 小建中湯を乳幼児に使用する場合は、体格の個人差から体重当たりのグリチルリチン酸の摂取量が多くなることがあるので、特に留意する必要がある。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 誤 正 誤
4 正 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 正


小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)に関する問題
生薬知識に関しては難しい。

a 誤 これはジンコウ(沈香)に関する記述である。ゴオウ(牛黄)ジャコウ(麝香)は緊張や興奮を鎮め、また、血液の循環を促す作用等を期待して用いられる。詳細はリンク記事で確認を。
b 誤 常識的におかしいとわかるでしょう。
夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状については、成長に伴って自然に治まるのが通常である。発達段階の一時的な症状と保護者が達観することも重要であり、小児鎮静薬を保護者側の安眠等を図ることを優先して使用することは適当でない
c 誤 これは頻出。漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合であっても、生後3ヶ月未満の乳児には使用しないこととされている。
d 正 小建中湯はカンゾウを含んでいるためです。
なお、しばり表現等は以下のとおりで、「小児夜尿症」が特に特徴的なキーワードです。
体力虚弱で疲労しやすく腹痛があり、血色がすぐれず、ときに動悸 、手足のほてり、冷え、ねあせ、鼻血、頻尿及び多尿などを伴うものの小児虚弱体質、疲労倦怠、慢性胃腸炎、腹痛、神経質、小児夜尿症、夜なきに適すとされる」

正解・・・5

(Visited 117 times, 1 visits today)

Follow me!