R3 千葉県(東京・神奈川・埼玉共通) 第3章 主な医薬品とその作用 (問61-70)

最近の傾向に比べると易しい。過去問対策で十分全問正答できる。

問61
かぜ(感冒)及びかぜ薬(総合感冒薬)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a かぜの約8割は細菌の感染が原因であるが、それ以外にウイルス(ライノウイルス、コロナウイルス、アデノウイルスなど)の感染がある。

b かぜとよく似た症状が現れる疾患は多数あり、急激な発熱を伴う場合や、症状が4日以上続くとき、又は症状が重篤なときは、かぜではない可能性が高い。

c かぜ薬は、細菌やウイルスの増殖を抑えたり、体内から除去することにより、咳や発熱などの諸症状の緩和を図るものである。

d インフルエンザ(流行性感冒)は、感染力が強く、また、重症化しやすいため、かぜとは区別して扱われる。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 誤
3 誤 正 誤 正
4 誤 正 正 正
5 正 誤 誤 正


かぜ(感冒)及びかぜ薬(総合感冒薬)に関する問題。これはサービス問題でしょう。

a 誤り。手引きには、かぜの原因として、約8割はウイルスの感染(ライノウイルス,コロナウイルス,アデノウイルスなど)が原因とされている。それ以外に細菌の感染や、まれに冷気や乾燥、アレルギーのような非感染性の要因による場合もあると記載されている。
b 正しい。
c 誤り。かぜ薬は、あくまで対症療法薬である。
d 正しい。

正答・・・3


問62
次のかぜ薬(総合感冒薬)の配合成分とその配合目的の組合せの正誤について、正しい組合せはどれか。

  配合成分 配合目的
a ブロムヘキシン塩酸塩 ―――――――――― 発熱を鎮め、痛みを和らげる
b デキストロメトルファン臭化水素酸塩 ――― 咳を抑える
c サリチルアミド ――――――――――――― 痰の切れを良くする
d トラネキサム酸 ――――――――――――― 炎症による腫れを和らげる

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 正 正
3 正 正 誤 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 正 正 正


かぜ薬の配合成分とその配合目的に関する問題。

a 誤り。ブロムヘキシン塩酸塩は去痰成分。
b 正しい。デキストロメトルファン臭化水素酸塩は非麻薬性鎮咳成分。医療用ではメジコンの製品名で知られる。
c 誤り。サリチルアミドはサリチル酸系解熱鎮痛成分。
d 正しい。超頻出のトラネキサム酸は抗炎症成分。「のどの痛み」向けを謳った総合感冒薬に良く配合されている。


正答・・・4


問63
かぜ(感冒)の症状の緩和に用いられる漢方処方製剤に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 葛根湯は、体力中等度以上のものの感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに適すとされ、重篤な副作用はない。

b 麻黄湯は、体力中等度で、ときに脇腹(腹)からみぞおちあたりにかけて苦しく、食欲不振や口の苦味があり、舌に白苔がつくものの食欲不振、吐きけ、胃炎、胃痛、胃腸虚弱、疲労感、かぜの後期の諸症状に適すとされる。

c 香蘇散は、体力虚弱で、神経過敏で気分がすぐれず胃腸の弱いもののかぜの初期、血の道症に適すとされる。

d 小青竜湯は、体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎、気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症に適すとされる。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)


かぜ(感冒)に用いられる漢方処方製剤に関する問題。

a 誤り。葛根湯に関する問題。前半部分は正しいが、後半の「重篤な副作用はない」が誤り。
b 誤り。これは小柴胡湯に関する内容。「かぜの後期」から、麻黄湯はすぐに誤りと判断できるように。
c 正しい。関連記事:香蘇散
d 正しい。関連記事:小青竜湯

正答・・・5


問64
プロスタグランジン及び解熱鎮痛薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a プロスタグランジンは、ホルモンに似た働きをする物質で、体の各部位で発生した痛みが脳へ伝わる際に、そのシグナルを増幅することで痛みの感覚を強めている。

b プロスタグランジンは、脳の下部にある体温を調節する部位(温熱中枢)に作用して、体温を通常よりも高く維持するように調節するほか、炎症の発生にも関与する。

c 解熱鎮痛薬による末梢でのプロスタグランジンの産生抑制は、腎血流量を増加させる。

  a b c
1 正 正 正
2 誤 正 正
3 正 正 誤
4 誤 誤 正
5 誤 誤 誤


プロスタグランジン及び解熱鎮痛薬に関する問題。
cの腎血流に関する内容は前年も問われていました。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。末梢におけるプロスタグランジンの産生抑制は、腎血流量を減少させるため、腎機能に障害があると、その症状を悪化させる可能性がある。

正答・・・3


問65
解熱鎮痛薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a アセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。

b エテンザミドは、他の解熱鎮痛成分に比べ、痛みが神経を伝わっていくのを抑える働きが強いため、他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合してはならないとされている。

c イソプロピルアンチピリンは、解熱及び鎮痛の作用は比較的強いが、抗炎症作用は弱いため、他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合される。

  a b c
1 誤 正 正
2 誤 正 誤
3 正 誤 正
4 正 正 誤
5 誤 誤 正


解熱鎮痛薬の配合成分に関する問題。

a 正しい。。アセトアミノフェン「末梢における抗炎症作用は期待できない」は頻出。他に「15歳未満の小児でも使用できる」「空腹時でも服用できる」点なども押させておく。
↓アセトアミノフェンが主成分の製品

b 誤り。エテンザミドは、他の解熱鎮痛成分に比べ、痛みが神経を伝わっていくのを抑える働きが強いため、作用の仕組みの違いによる相乗効果を期待して、他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合されることが多い。例えば、アセトアミノフェン、カフェイン、エテンザミドの組合せは、「ACE処方」と呼ばれる。
c 正しい。なお、イソプロピルアンチピリンは(非ピリン系ではなく)「ピリン系」の解熱鎮痛成分であることも押さえておこう。市販薬ではセデスブランドが有名。

正答・・・3


問66
眠気防止薬の有効成分として配合されるカフェイン(無水カフェイン、安息香酸ナトリウムカフェイン等を含む。)に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a カフェインは、脳に軽い興奮状態を引き起こし、一時的に眠気や倦怠感を抑える効果がある。

b カフェインは、眠気防止に関連しない作用として、腎臓におけるナトリウムイオンの再吸収促進作用があり、尿量の増加をもたらす。

c 小児用の眠気防止薬として、無水カフェインを用いる。

d 授乳中の女性がカフェインを摂取すると、その一部が乳汁中に移行する。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(c、d)


眠気防止薬の有効成分として配合されるカフェインに関する問題。

a 正しい。
b 誤り。×再吸収促進作用⇒〇再吸収抑制作用。
c 誤り。成長期の小児の発育には睡眠が重要であることから、小児用の眠気防止薬はない。
d 正しい。

正答・・・3


問67
鎮暈薬(乗物酔い防止薬)及びその配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a ジフェニドール塩酸塩は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。

b ジメンヒドリナートは、延髄にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑える作用を示し、専ら乗物酔い防止薬に配合される抗ヒスタミン成分である。

c メクリジン塩酸塩(塩酸メクリジン)は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが早く持続時間が短い。

d 6歳未満では、自律神経系が未発達であるため、乗物酔いが起こることはほとんどないとされており、一般用医薬品として、6歳未満を対象とした乗物酔い防止薬は販売されていない。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、d) 5(c、d)


鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に関する問題。
これは細かい知識が求められていて迷うかも。

a 正しい。ジフェニドール塩酸塩は抗めまい成分。
b 正しい。ジメンヒドリナートは、ジフェンヒドラミンテオクル酸塩の一般名で抗ヒスタミン薬。専ら乗物酔い防止薬に配合される。
c 誤り。メクリジン塩酸塩は乗り物酔い防止薬として使用される抗ヒスタミン成分で、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが遅く持続時間が長い。また、スコポラミン臭化水素酸塩水和物は乗り物酔い防止薬として使用される抗コリン成分で、肝臓で速やかに代謝されてしまうため、抗ヒスタミン成分等と比べて作用の持続時間は短い。もセットで学習を。
↓「トラベルミンファミリー」

d 誤り。×6歳未満⇒〇3歳未満。。乗物酔い防止薬に3歳未満の乳幼児向けの製品はない。

正答・・・1


問68
小児の疳及び小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 身体的な問題がなく生じる夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状については、成長に伴って自然に治まるのが通常である。

b 小児鎮静薬は、夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状を鎮めることを目的とする医薬品(生薬製剤・漢方処方製剤)であり、小児における虚弱体質の改善は目的としていない。

c 小児の疳を適応症とする漢方処方製剤は、生後3ヶ月未満の乳児に使用することができる。

d 小児の疳を適応症とする主な漢方処方製剤としては、柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、抑肝散、抑肝散加陳皮半夏のほか、 小建中湯がある。

  a b c d
1 誤 正 誤 誤
2 誤 誤 正 正
3 正 誤 誤 正
4 正 誤 誤 誤
5 正 正 正 誤


小児鎮静薬に関する問題。

a 正しい。
b 誤り。手引きによると、小児鎮静薬は小児の疳の症状を鎮めるほか、小児における虚弱体質消化不良などの改善を目的とする医薬品(生薬製剤・漢方処方製剤)とされている。
c 誤り。漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合であっても、生後3ヶ月未満の乳児には使用しないこととされている。
d 正しい。関連記事:抑肝散 ・抑肝散加陳皮半夏、 小建中湯柴胡加竜骨牡蠣湯

正答・・・3


問69
鎮咳去痰薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a メチルエフェドリン塩酸塩は、交感神経系を刺激して気管支を拡張させる作用を示し、呼吸を楽にして咳や喘息の症状を鎮めることを目的として用いられる。

b トリメトキノール塩酸塩は、抗炎症作用のほか、気道粘膜からの粘液の分泌を促進することを目的として用いられる。

c ノスカピン塩酸塩は、モルヒネと同じ基本構造を持ち、依存性がある成分であり、麻薬性鎮咳成分とも呼ばれる。

d エチルシステイン塩酸塩は、痰の中の粘性タンパク質を溶解・低分子化して粘性を減少させることを目的として用いられる。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(c、d)


鎮咳去痰薬の配合成分に関する問題。

a 正しい。 メチルエフェドリン塩酸塩はアドレナリン作動性成分。鎮咳成分の他、点眼薬や外用薬など様々OTC製品に配合されている。
b 誤り。トリメトキノール塩酸塩はアドレナリン作動性の気管支拡張成分。OTCではマイナーな成分で含有製品は殆どみかけないが、当地区ではR1にも出題あり。
c 誤り。ノスカピンは非麻薬性鎮咳成分。
d 正しい。

正答・・・3


問70
鎮咳去痰薬に配合される生薬成分及び漢方処方製剤に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a セキサンは、ヒガンバナ科のヒガンバナ鱗茎を基原とする生薬で、去痰作用を期待して用いられる。

b キョウニンは、キキョウ科のキキョウの根を基原とする生薬で、痰又は痰を伴う咳に用いられる。

c 麦門冬湯は、体力中等度以下で、痰が切れにくく、ときに強く咳こみ、又は咽頭の乾燥感があるもののから咳、気管支炎、気管支喘息、咽頭炎、しわがれ声に適すとされるが、水様痰の多い人には不向きとされる。

d 半夏厚朴湯は、構成生薬としてカンゾウを含む。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(c、d)


鎮咳去痰薬に配合される生薬成分及び漢方処方製剤に関する問題。

a 正しい。
b 誤り。キョウニン(杏仁)は、バラ科のホンアンズ、アンズ等の種子を基原とする生薬。体内で分解されて生じた代謝物の一部が延髄の呼吸中枢、咳嗽中枢を鎮静させる作用を示すとされる。
c 正しい。麦門冬湯は「乾燥感があるもののから咳」が特徴的なキーワードです。
d 誤り。半夏厚朴湯カンゾウを含まない。

正答・・・2


(Visited 304 times, 9 visits today)

Follow me!