R4 愛知県(東海・北陸地区共通)第3章 主な医薬品とその作用(問21-30)

問21
かぜ(感冒)及びかぜ薬(総合感冒薬)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a インフルエンザ(流行性感冒)は、ウイルスの呼吸器感染によるものであるが、感染力が強く、また、重症化しやすいため、かぜとは区別して扱われる。

b アルコールは医薬品の成分の吸収や代謝に影響を与えるため、かぜ薬の服用期間中は、飲酒を控える必要がある。

c 解熱鎮痛成分であるアスピリンを含む一般用医薬品は、15歳未満の小児に対しても安全に使用できる。

d 去痰作用を目的として、かぜ薬にジヒドロコデインリン酸塩が配合されている場合があるが、依存性があることに留意する必要がある。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正


かぜ(感冒)及びかぜ薬(総合感冒薬)に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。ライ症候群の発生が示唆されていることから、アスピリン15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も一般用医薬品として使用してはならない
d 誤り。ジヒドロコデインリン酸塩麻薬性鎮咳成分であり、去痰作用はない。依存性に留意する点は正しい。
なお、麻薬性鎮咳成分(ジヒドロコデインリン酸塩コデインリン酸塩水和物)は出題ポイントが多く、依存性のほか、副作用(眠気、便秘)、授乳回避、12才未満の小児の使用禁忌なども押さえておこう。


正解・・・3


問22
次のかぜ(感冒)の症状緩和に用いられる漢方処方製剤のうち、構成生薬としてマオウを含むものはどれか。

1 小柴胡湯
2 半夏厚朴湯
3 葛根湯
4 麦門冬湯
5 香蘇散


かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤の主なものに、葛根湯、麻黄湯、小柴胡湯、柴胡桂枝湯、小青竜湯桂枝湯香蘇散半夏厚朴湯麦門冬湯がある。
このうち、構成生薬としてマオウ(麻黄)を含むのは、麻黄湯、葛根湯、小青竜湯である。
麻黄湯はその名称から、麻黄を含むことは容易に判断できるはず。
葛根湯については、桂枝湯+麻黄・葛根で構成された漢方薬であることを知っていると良いでしょう(リンク記事参照)。
小青竜湯は、鼻水症状向けの漢方として知られるが、咳症状にも対応していることを知っていると、麻黄を含むことと結びつけやすいでしょう。

正解・・・3


問23
かぜ薬(総合感冒薬)の配合成分とその成分を配合する目的との関係の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

(配合成分) (配合目的)
a グアイフェネシン - 炎症による腫れを和らげる。
b メキタジン - 痰の切れを良くする。
c アスコルビン酸 - 発熱を鎮め、痛みを和らげる。
d プソイドエフェドリン塩酸塩 - 鼻粘膜の充血を和らげ、気管・気管支を拡げる。

  a b c d
1 誤 誤 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 誤 正 誤 誤
4 正 誤 誤 誤
5 誤 誤 誤 誤


かぜ薬(総合感冒薬)の配合成分に関する問題。

a 誤り。グアイフェネシンは去痰成分で、痰の切れを良くする目的で配合される。
b 誤り。メキタジンは抗ヒスタミン成分で、くしゃみや鼻水を抑える目的で配合される。
c 誤り。アスコルビン酸(ビタミンC)はビタミン成分で、かぜの時に消耗しやすいビタミンを補給する目的で配合される。
d 正しい。プソイドエフェドリン塩酸塩はアドレナリン作動成分。

正解・・・1


問24
プロスタグランジンに関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

 プロスタグランジンはホルモンに似た働きをする物質で、体の各部位で発生した痛みが脳へ伝わる際に、その痛みの感覚を( a )。また、脳の下部にある体温を調節する部位(温熱中枢)に作用して、体温を通常よりも( b )維持するように調節するほか、炎症の発生にも関与する。
 プロスタグランジンの作用が( c )と、胃粘膜障害を起こしやすくなる。

  a b c
1 弱めている 高く 妨げられる
2 強めている 高く 妨げられる
3 強めている 低く 妨げられる
4 強めている 高く 促進される
5 弱めている 低く 促進される


プロスタグランジンに関する問題。
なお、アスピリンイブプロフェン等の解熱鎮痛成分は、このプロスタグランジンの産生を抑制することで、痛みや熱を鎮める効果を表します。

a 強めている
b 高く
c 妨げられる

正解・・・2


問25
眠気を促す薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 抗ヒスタミン成分を含有する睡眠改善薬は、小児の疳に積極的に用いられる。

b ブロモバレリル尿素は、胎児に障害を引き起こす可能性があるため、妊婦又は妊娠していると思われる女性は使用を避けるべきである。

c 抗ヒスタミン成分を含有する睡眠改善薬を服用後は、翌日目が覚めたあとであっても、注意力の低下や寝ぼけ様症状、めまい、倦怠感を起こすことがある。

d アリルイソプロピルアセチル尿素を含む催眠鎮静薬の服用時は、飲酒を避ける必要はないが、アルコールが医薬品の効果を妨げることがある。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 誤 誤


眠気を促す薬及びその配合成分に関する問題。

a 誤り。小児及び若年者では、抗ヒスタミン成分により眠気とは反対の神経過敏や中枢興奮などが現れることがあり、特に15歳未満では、抗ヒスタミン成分を含有する睡眠改善薬の使用は避ける。
b 正しい。
c 正しい。
d 誤り。アルコールにより、薬効や副作用が増強されるおそれがあり、服用時には飲酒を避ける。

正解・・・2


問26
第1欄の記述は、不眠等の症状改善を目的とした漢方処方製剤に関するものである。該当する漢方処方製剤は第2欄のどれか。

第1欄
体力中等度以上で、精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う高血圧の随伴症状(動悸、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜なき、便秘に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸が弱く下痢しやすい人、瀉下薬(下剤)を服用している人では、腹痛、激しい腹痛を伴う下痢の副作用が現れやすい等、不向きとされている。また、構成生薬としてダイオウを含む。

第2欄
1 猪苓湯
2 抑肝散
3 芍薬甘草湯
4 加味帰脾湯
5 柴胡加竜骨牡蛎湯


まず、「不眠等の症状改善の目的」とあるので、猪苓湯(泌尿器)、芍薬甘草湯(鎮痛)は容易に除外したい。
残りの、抑肝散加味逍遙散、柴胡加竜骨牡蛎湯は、不眠等の症状の改善を目的とした漢方処方製剤だが、基本的に虚証向けの漢方処方が多い分野の中で、「体力中等度以上」「高血圧の随伴症状」といった実証向けの記載から、この中で最も実証(体力高め)向けの製剤である柴胡加竜骨牡蛎湯を選べばよい。

正解・・・5


問27
鎮暈薬(乗物酔い防止薬)の配合成分とその作用との関係の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

(配合成分) (作用)
a ジメンヒドリナート ― 抗ヒスタミン成分であり、延髄にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑える。

b スコポラミン臭化水素酸塩水和物 ― 局所麻酔成分であり、胃粘膜への麻酔作用によって嘔吐刺激を和らげる。

c ジフェニドール塩酸塩 ― 抗めまい成分であり、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)を調節するほか、内耳への血流を改善する。

d カフェイン ― 鎮静成分であり、乗り物酔いの心理的な要因となる不安や緊張を和らげる。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正


鎮暈薬(乗物酔い防止薬)の配合成分に関する問題。

a 正しい。
b 誤り。スコポラミン臭化水素酸塩水和物抗コリン成分であり、中枢に作用して自律神経系の混乱を軽減させるとともに、末梢では消化管の緊張を低下させる。
c 正しい。関連記事:ジフェニドール塩酸塩
d 誤り。カフェインは中枢神経系を興奮させる成分で、脳に軽い興奮を起こさせて平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させたり、乗物酔いに伴う頭痛を和らげる。

正解・・・4


問28
鎮咳去痰薬に配合される成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a ハンゲは、中枢性の鎮咳作用を示す生薬成分として配合されている場合がある。

b チぺピジンヒベンズ酸塩は、非麻薬性鎮咳成分と呼ばれ、延髄の咳嗽中枢に作用する。

c メトキシフェナミン塩酸塩は、自律神経系を介さずに気管支の平滑筋に直接作用して弛緩させ、気管支を拡張させる。

d デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物は、痰の中の粘性タンパク質を溶解・低分子化して粘性を減少させることで去痰作用を示す。

1(a、b) 2(b、c) 3(c、d) 4(a、d)


鎮咳去痰薬に配合される成分に関する問題。
ハンゲ(半夏)の「中枢性」の鎮咳作用が迷いやすい所だが正しい記述である。

a 正しい。
b 正しい。関連記事:チぺピジンヒベンズ酸塩
c 誤り。メトキシフェナミン塩酸塩アドレナリン作動成分で、交感神経系を刺激して気管支を拡張させる作用を示す。
d 誤り。デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物非麻薬性鎮咳成分で、延髄の咳嗽中枢に作用する。

正解・・・1


問29
呼吸器官に作用する薬及びその配合成分に関する記述のうち、正しいものはどれか。

1 喉の粘膜を刺激から保護する成分として、ポビドンヨードが配合されている場合がある。

2 ジプロフィリンは、甲状腺機能障害又はてんかんの診断を受けた人では、症状の悪化を招くおそれがある。

3 口腔内や喉に傷やひどいただれのある人では、細菌等の微生物を死滅させたり、その増殖を抑えることを目的として、クロルヘキシジングルコン酸塩が配合された含嗽薬の使用が推奨されている。

4 喘息発作は、重積すると生命に関わる呼吸困難につながることもあるため、早期に一般用医薬品の鎮咳去痰薬によって症状を抑える必要がある。


呼吸器官に作用する薬及びその配合成分に関する問題。

1 誤り。ポビドンヨードは殺菌消毒成分であり、喉の粘膜を刺激から保護する成分ではない。
2 正しい。 
3 誤り。殺菌消毒成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩が配合された含嗽薬については、口腔内に傷やひどいただれのある人では、強い刺激を生じるおそれがあるため、使用を避ける。
4 誤り。一般用医薬品の使用によって対処を図るのでなく、早期に医療機関での診療を受けるなどの対応が必要である。

正解・・・2


問30
呼吸器官に作用する漢方処方製剤に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 麻杏甘石湯は、体力虚弱で、咳が出て、ときにのどが渇くものの咳、小児喘息、気管支喘息、気管支炎、感冒、痔の痛みに用いられ、胃腸の弱い人に適すとされる。

b 響声破笛丸は、しわがれ声、咽喉不快に適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、食欲不振、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

c 甘草湯は、2種類の生薬からなる漢方処方製剤で、激しい咳、咽喉痛、口内炎、しわがれ声に、外用では痔・脱肛の痛みに用いられる。

d 白虎化人参湯は、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸虚弱で冷え症の人では、食欲不振、胃部不快感等の副作用が現れやすく不向きとされる。

  a b c d
1 正 誤 誤 正
2 誤 正 誤 誤
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤


呼吸器官に作用する漢方処方製剤に関する問題。

a 誤り。麻杏甘石湯は体力中等度以上で、咳が出て、ときにのどが渇くものの咳、小児喘息、気管支喘息、気管支炎、感冒、痔の痛みに用いられ、胃腸の弱い人には不向きとされる。
b 正しい。
c 誤り。甘草湯は、構成生薬がカンゾウのみからなる漢方処方製剤。後半部分の記述は正しい。
d 正しい。なお、白虎加人参湯は、体力中等度以上で、熱感と口渇が強いものの喉の渇き、ほてり、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみに適すとされる。

正解・・・4

(Visited 57 times, 1 visits today)

Follow me!