漢方の水虫薬として知られる。

モクキンピ(木槿皮)は、アオイ科のムクゲの幹皮を基原とする生薬であり、エキス剤が水虫・たむしの治療薬として用いられています。「漢方の水虫薬」と呼ばれる事もあります。

具体的な製品としては、八つ目製薬から販売されている「ハイ・シャロン」(複方木槿皮酊)があります。
なお、複方木槿皮酊は「ドキンピチンキ」と読みます。

漢方を熱心に取り扱っている薬局では置いている所もありますが、一般的なドラックストアで見かけることはあまりありません。なお、販売経験のある方に聞くと、好評を頂くケースもあるそうです。

但し、相談販売でいきなり販売するには、ちょっとハードルが高い製品でしょう。


登録販売者試験では殆ど出題されませんが、他の抗真菌薬に比べ、知識が定着しやすいので憶えておきましょう。

「生薬成分として、モクキンピ(アオイ科のムクゲの幹皮を基原とする生薬)のエキスも皮膚糸状菌の増殖を抑える作用を期待して用いられる。」