特別難しい問題はない。

問41
医薬品の取扱いに関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 医薬品は、高度に管理されて製造されているので、化学変化や雑菌の繁殖等が生じる心配は不要である。

b 家庭内において、小児が容易に手に取れる場所や目につくところに医薬品が置かれていた場合の誤飲事故が多く報告されている。

c 自分と同じ症状の人がいた場合は、医薬品を別の容器に入れ替えて譲ることが望ましい。

d 「直射日光の当たらない(湿気の少ない)涼しい場所に(密栓して)保管すること」と記載されている錠剤、カプセル剤、散剤は、開封後は冷蔵庫内に保管されるのが望ましい。

  a b c d
1 正 誤 誤 正
2 誤 正 誤 誤
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤

医薬品の取り扱いに関する内容だが、これはサービス問題。常識的に判断すれば正答できる。
 
a 誤り。
b 正しい。
c 誤り。
d 誤り。

正答・・・2

問42
独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載されている事項について、正しいものはどれか。

1 医師、薬剤師、登録販売者等専門家向けのホームページなので、一般消費者向けの医薬品である要指導医薬品、一般用医薬品に関連した情報は掲載されていない。

2 独立行政法人医薬品医療機器総合機構より発行される「医薬品・医療機器等安全性情報」が掲載されている。

3 一般用医薬品・要指導医薬品の添付文書情報は掲載されていない。

4 医薬品による副作用が疑われる症例情報が掲載されている。

(独)医薬品医療機器総合機構のホームページの記載内容に関する問題。
問題を解くだけでなく、実際にホームページの内容も是非確認しておきたい。
 
1 誤り。一般向けの内容も含まれている。例えば「患者向医薬品ガイド・くすりのしおり」等も掲載されている。
2 誤り。これは迷う。「医薬品・医療機器等安全性情報」は厚生労働省から発行されている。医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載されている点については正しい。
3 誤り。医療医薬品だけではなく、一般用医薬品・要指導医薬品の添付文書も掲載されている。一般用医薬品の購入者が事前に確認できるといったメリットがある。
4 正しい。

正答・・・4

問43
一般用医薬品の添付文書における記載に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 添付文書は、開封時に目を通されれば十分である。

b 使用上の注意の記載における「高齢者」とは、およその目安として75歳以上を指しており、一般に高齢者では、副作用等を生じるリスクが高まる傾向がある。

c 医薬品の添加物は、それ自体の積極的な薬効を期待して配合されるので、添付文書の成分及び分量として記載されている。

d 医師の治療を受けているときは、何らかの薬剤の投与等の処置がなされており、その人の自己判断で要指導医薬品又は一般用医薬品が使用されると治療の妨げとなったりするので、医師の治療を受けている人は相談するよう記載されている。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 誤 誤

一般用医薬品の添付文書に関する問題。

a 誤り。
b 誤り。第1章でも登場する内容。添付文書における「高齢者」は65歳以上が目安となる。
c 誤り。。医薬品の添加物は、それ自体で積極的な薬効を期待されるものでなく、製剤としての品質、有効性及び安全性を高めることを目的に配合される。アレルギーの原因になることがあり、添付文書に成分は記載される。
例えば、点眼薬には品質保持の為、ベンザルコニウム塩化物ホウ酸等が防腐剤として配合されている。

d 正しい。

正答・・・4

問44
医薬品の添付文書及び外部の容器又は外部の被包に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 毒薬若しくは劇薬の表示又は要指導医薬品に該当する医薬品における表示や、その一般用医薬品が分類されたリスク区分を示す識別表示等が行われている。

b 添付文書の消費者相談窓口の項目には、消費生活センターにおいて購入者等からの相談に応じるための窓口担当部門の名称、電話番号、受付時間等が記載されている。

c 副作用や事故等が起きる危険性を回避するため、「次の人は使用(服用)しないこと」、「次の部位には使用しないこと」等が記載されている。

d 医薬品医療機器等法で規定されている法定表示事項以外は記載してはならない。

1(a、c) 2(b、c) 3(b、d) 4(a、d)

医薬品の添付文書及び外部の容器又は外部の被包に関する問題。

a 正しい。
b 誤り。×消費生活センター→〇製造販売元の製薬企業
c 正しい。
d 誤り。可燃性ガスを含むエアゾール製品や消毒用アルコール等、危険物に該当する製品における消防法に基づく注意事項も記載されることがある。

 正答・・・1

問45
一般用医薬品の添付文書の使用上の注意に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 「次の人は使用(服用)しないこと」の項目には、アレルギーの既往歴、症状や状態、基礎疾患、年齢、妊娠の可能性の有無、授乳の有無等からみて重篤な副作用を生じる危険性が特に高いため、使用を避けるべき人について、生活者が自らの判断で認識できるよう記載されている。

b 摂取されたアルコールによって、医薬品の作用の増強、副作用を生じる危険性の増大等が予測される場合に「服用前後は飲酒しないこと」と記載されている。

c 医薬品に配合されている成分の作用によって眠気や異常なまぶしさ等が引き起こされるとがある場合に「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと」と記載されている。

d 「本剤を使用(服用)している間は、次の医薬品を使用(服用)しないこと」の項目には、併用による作用の増強、副作用等のリスク増大を避けるため、効能・効果が同一の医薬品に限って記載されている。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正

一般用医薬品の添付文書の使用上の注意に関する問題。これは常識的に読み取れば判断できるしょう。

a 正しい。
b 正しい。
c 正しい。
d 誤り。要指導医薬品・一般用医薬品は、複数の有効成分が配合されている場合が多く、使用方法や効能・効果が異なる医薬品同士でも、同一成分又は類似の作用を有する成分が重複することがある。
 
正答・・・4

問46
一般用医薬品の添付文書に記載されている第1欄の標識的マークが意味するものは第2欄のどれか。

第1欄

第2欄
1 してはいけないこと
2 留意すること
3 相談すること
4 使用上の注意
5 保管及び取扱い上の注意

一般用医薬品の添付文書に記載されている標識的マークに関する問題。
これは憶えるしかない。他のマークも合わせて理解しておくように。



正答・・・4

問47
一般用検査薬に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 一般用検査薬の添付文書においては、効能又は効果、使用方法、キットの内容及び成分・分量等が記載されている。

b 一般用検査薬の添付文書においては、一般用検査薬の検査結果のみで確定診断はできないので、判定が陽性であれば速やかに医師の診断を受ける旨等が記載されている。

c 一般用検査薬の添付文書においては、検査結果が陰性であっても何らかの症状がある場合は、再検査するか又は医師に相談する旨等が記載されている。

d 一般用検査薬の誤判定により健康被害が生じた場合は、医薬品副作用被害救済制度による救済を受けることができる。

1(a、c) 2(b、c) 3(b、d) 4(a、d)

一般用検査薬(尿糖・尿タンパク検査薬妊娠検査薬等)に関する問題。

a 誤り。一般用検査薬の添付文書では、「効能・効果」ではなく「使用目的」と記載される。他にも、(一般用医薬品の添付文書とは異なり)添加物の成分も記載する必要はない点も問われることがある。
b 正しい。
c 正しい。
d 誤り。これは医薬品副作用被害救済制度の対象外。
  
正答・・・2

問48
一般用医薬品の添付文書の使用上の注意及びその理由に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 鼻炎用点鼻薬は、二次充血、鼻づまり等を生じるおそれがあるため、「長期連用しないこと」とされている。

b カフェインを主薬とする眠気防止薬は胃液の分泌が亢進するので、「胃潰瘍の診断を受けた人は使用してはいけない」とされている。

c テオフィリンが配合された鎮咳去痰薬は、乳児に徐脈を起こすおそれがあるため、「授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避ける」とされている。

d インドメタシンが配合された外用鎮痛消炎薬は、喘息発作を誘発するおそれがあるため、「喘息を起こしたことがある人は使用しないこと」とされている。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正

一般用医薬品の添付文書の使用上の注意に関する問題。

a 正しい。例えばアドレナリン作動性成分のナファゾリン塩酸塩配合の点鼻薬等に記載されている。
b 正しい。カフェインに関する内容である。
c 誤り。テオフィリンは第一類医薬品扱いの気管支拡張成分。手引きでは第5章の別表のみに登場するが、「乳児に神経過敏を起こすことがある」ため授乳は避けるとされている。なお、「乳児に頻脈を起こすおそれ」ときたらロートエキス
d 正しい。インドメタシンに限らず、フェルビナクやジクロフェナクナトリウム等の他の外用鎮痛成分も同様。


正答・・・5

問49
一般用医薬品であって、次の漢方処方製剤及び医薬品成分を主な成分とする医薬品の添付文書において、「してはいけないこと」の項目に「次の診断を受けた人」として記載される事項のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

(漢方処方製剤・成分) (診断された基礎疾患等)

a スクラルファート - 透析療法を受けている人
b 芍薬甘草湯- 胃酸過多
c プソイドエフェドリン塩酸塩 - 糖尿病
d ビサコジル - 口の中に傷やひどいただれのある人
1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

添付文書の「してはいけないこと」に関する問題。dは迷うが、他は頻出なので正答は容易。
 
a 正しい。これは頻出。胃粘膜保護成分のスクラルファートはアルミニウムを含んでおり、透析療法を受けている人は使用避ける。他にアルジオキサも合わせて押さえておきたい。

b 誤り。×胃酸過多→〇心臓病。芍薬甘草湯は「こむら返り」の漢方薬として超有名。
c 正しい。アドレナリン作動性成分のプソイドエフェドリン塩酸塩は第5章では頻出。糖尿病の他、高血圧、甲状腺機能障害と診断された人も使用を避ける。
d 誤り。これは殺菌消毒成分のクロルヘキシジングルコン酸塩に関する内容。ビサコジルは大腸刺激性の便秘薬成分。

正答・・・2

問50
次の成分のうち、その成分を主な成分とする一般用医薬品の添付文書の「してはいけないこと」の項目に、喘息を誘発するおそれがあるため、「本剤又は他のかぜ薬、解熱鎮痛薬を使用(服用)してぜんそくを起こしたことがある人」と記載されていないものはどれか。

1 アスピリン
2 アセトアミノフェン
3 アミノ安息香酸エチル
4 イソプロピルアンチピリン
5 イブプロフェン

添付文書の「してはいけないこと」の項目に関する問題。

「喘息」とあるので、解熱鎮痛成分(非ステロイド性抗炎症成分)を除外していく(アスピリンイソプロピルアンチピリンイブプロフェン)。
安全性が高いとされる解熱鎮痛成分だが、アセトアミノフェンについても「してはいけないこと」に同様な内容が記載されている。
残るのは、局所麻酔成分のアミノ安息香酸エチルとなる。
 
正答・・・3