頻出の内容が多く出題されている。

問 31 次の記述は、嘔吐と胃の薬に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

a 嘔吐は、脊髄にある嘔吐中枢の働きによって起こる。
b 消化薬は、胃液の分泌亢進による胃酸過多や、それに伴う胸やけ、腹部の不快感、吐きけ等の症状を緩和することを目的とする医薬品である。

c 健胃薬に配合される生薬成分は、独特の味や香りを有し、唾液や胃液の分泌を促して胃の働きを活発にする作用があるとされる。

d いわゆる総合胃腸薬では、制酸と健胃のように相反する作用を期待するものが配合されている場合がある。

1(a、b)  2(a、c)  3(b、d)  4(c、d)

嘔吐と胃の薬に関する問題。

a 誤り。嘔吐中枢は「延髄」にある。
b 誤り。これは「制酸薬」に関する内容。消化薬は「炭水化物、脂質、タンパク質等の分解に働く酵素を補う等により、胃や腸の内容物の消化を助けることを目的とする医薬品」である。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・4

問 32 次の記述は、胃の薬の配合成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

a スクラルファートは、アルミニウムを含む成分であるため、透析を受けている人では使用を避ける必要がある。

b ウルソデオキシコール酸は、胃液の分泌を促す作用があるとされ、消化を助ける効果を期待して用いられる。

c セトラキサート塩酸塩は、代謝されてトラネキサム酸を生じるため、血栓のある人、血栓を起こすおそれのある人では、生じた血栓が分解されにくくなることが考えられる。

d ピレンゼピン塩酸塩は、消化管の運動を亢進して、胃液の分泌を促す作用を示すとされる。

1(a、b)  2(a、c)  3(b、d)  4(c、d)

胃の薬の配合成分に関する問題。

a 正しい。これは超頻出。スクラルファートがアルミニウムを含み、透析を受けている人では使用を避ける。
b 誤り。ウルソデオキシコール酸は、胆汁の分泌を促す作用(利胆作用)により、消化を助ける効果が期待される。
c 正しい。セトラキサート塩酸塩トラネキサム酸に関連した内容は度々出題されている。
d 誤り。ピレンゼピン塩酸塩は胃液分泌抑制成分。

正答・・・2

問 33 腸の薬とその有効成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 腸内細菌のバランスを整えることを目的として、ビフィズス菌、アシドフィルス菌、ラクトミン、乳酸菌、酪酸菌等の生菌成分が用いられる。

2 収斂成分を主体とする止瀉薬については、細菌性の下痢や食中毒のときに使用して腸の運動を鎮めると、かえって状態を悪化させるおそれがある。

3 タンニン酸アルブミンに含まれるアルブミンは、牛乳に含まれるタンパク質から精製された成分であるため、牛乳にアレルギーがある人では使用を避ける必要がある。

4 ロぺラミド塩酸塩を含む一般用医薬品は、麻痺性イレウス発症のおそれがないことから、15歳未満の小児にも適用される。

腸の薬とその有効成分に関する問題。

1 正しい。
2 正しい。OTCを販売する際にも、大切な知識です。
3 正しい。下痢止めに使用される収斂成分のタンニン酸アルブミンー牛乳アレルギーに関する内容は頻出。
4 誤り。ロぺラミド塩酸塩は、15歳未満の小児には適応がない。
 
正答・・・4

問 34 瀉下薬とその有効成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を高めることで糞便中の水分量を増し、また、大腸を刺激して排便を促す。

b ヒマシ油は、急激で強い瀉下作用をもたらすことから、防虫剤や殺鼠剤を誤って飲み込んだ場合のような脂溶性の物質による中毒に対して効果がある。

c カルメロースカルシウムは、腸管内で水分を吸収して腸内容物に浸透し、糞便のかさを増やすとともに糞便を柔らかくすることによる瀉下作用を目的として、配合されている場合がある。

d ピコスルファートナトリウムは、胃や小腸で分解され、大腸への刺激作用を示す。

      a   b   c   d
1   正   誤   正   正
2   誤   正   正   正
3   正   正   誤   誤
4   誤   正   誤   誤
5   正   誤   正   誤

瀉下薬とその有効成分に関する問題。
特に、酸化マグネシウムピコスルファートナトリウムは、販売現場でも重要な成分です。
ヒマシ油は、現在OTCとして販売する機会は殆どないが試験では頻出。

a 正しい。
b 誤り。今までも良く出題されているひっかけ問題。出題の手引きにはヒマシ油に関して以下のような記述がある。

「主に誤食・誤飲等による中毒の場合など、腸管内の物質をすみやかに体外に排除させなければならない場合に用いられるが、防虫剤や殺鼠剤を誤って飲み込んだ場合のような脂溶性の物質による中毒には使用を避ける必要がある(ナフタレンやリン等がヒマシ油に溶け出して、中毒症状を増悪させるおそれがある)」

c 正しい。
d 誤り。ピコスルファートナトリウムは大腸刺激性成分。胃や小腸では分解されないが、大腸に生息する腸内細菌によって分解されて、大腸への刺激作用を示すようになる。
 
正答・・・5

問 35 胃腸鎮痛鎮痙薬とその有効成分の以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 抗コリン成分が副交感神経系の働きを抑える作用は消化管に限定されないため、散瞳、顔のほてり、頭痛、眠気、口渇、便秘、排尿困難等の副作用が現れることがある。

b アミノ安息香酸エチルは、メトヘモグロビン血症を起こすおそれがあるため、15歳未満の小児への使用は避ける必要がある。

c オキセサゼインは、妊娠中における安全性が確立されており、妊婦に対して安全に使用することができる。

d ロートエキスは、吸収された成分の一部が母乳中に移行して乳児の脈が速くなる(頻脈)おそれがある。

      a   b   c   d
1   正   誤   誤   正
2   誤   誤   正   正
3   正   正   誤   誤
4   誤   正   誤   誤
5   正   誤   正   誤

胃腸鎮痛鎮痙薬に関する問題。
アミノ安息香酸エチルは第5章でも良く出題されている。
 
a 正しい。
b 誤り。局所麻酔成分であるアミノ安息香酸エチルのメトヘモグロビン血症に関する内容は頻出。そのおそれから6歳未満の小児への使用は避ける必要がある。
c 誤り。オキセサゼインについては、局所麻酔作用のほか、胃液分泌を抑える作用もあるとされる成分。妊婦に関連したこのような記述は、まず間違いと思って良い。
d 正しい。ロートエキスの母乳中への移行に関しては度々出題されている。今回は正しい内容だが、「頻脈」ではなく「除脈」と誤記載されている場合が良くあるので注意。
 
正答・・・1

問 36 浣腸薬とその有効成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 直腸内に適用される医薬品であり、剤形には注入剤(肛門から薬液を注入するもの)のみが存在する。

2 繰り返し使用すると直腸の感受性の低下(いわゆる慣れ)が生じて効果が弱くなるため、連用しないこととされている。 

3 グリセリンは、浸透圧の差によって腸管壁から水分を取り込んで直腸粘膜を刺激し、排便を促す効果を期待して用いられる。

4 炭酸水素ナトリウムは、直腸内で徐々に分解して炭酸ガスの微細な気泡を発生することで直腸を刺激する作用を期待して用いられる。

浣腸薬とその有効成分に関する問題。基本的知識ばかりなので落とさないように。

1 誤り。悩んだ受験生も多かったかもしれません。浣腸薬の剤形としては注入剤がすぐに思いつくが、坐剤タイプもある。例えば、炭酸水素ナトリウム成分の新レシカルボン坐剤がある。
↓アマゾンサイト


2 正しい。
3 正しい。グリセリンは、いわゆる「イチジク浣腸」等の代表的な浣腸薬成分です。
4 正しい。炭酸水素ナトリウムは、直腸内で徐々に分解して炭酸ガスの微細な気泡を発生することで直腸を刺激する。

正答・・・1

問 37 次の記述は、駆虫成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

a サントニンは、回虫の自発運動を抑える作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。

b パモ酸ピルビニウムは、回虫に痙攣を起こさせる作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。

c ピペラジンリン酸塩は、アセチルコリン伝達を妨げて、回虫及び蟯虫の運動筋を麻痺させる作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。

d カイニン酸は、蟯虫の呼吸や栄養分の代謝を抑えて殺虫作用を示すとされる。

1(a、b)  2(a、c)  3(b、d)  4(c、d)

現在殆ど販売機会のない駆虫薬に関する問題。
この分野の問題は難問になりやすいが、現在でも販売されている(パモ酸ピルビニウム)はしっかり押さえておきたい。
 
a 正しい。サントニンに関する内容である。
 b 誤り。これはカイニン酸に関する内容。パモ酸ピルビニウムは現在でもOTCとして販売されている駆虫薬(商品名:パモキサン)で、蟯虫の呼吸や栄養分の代謝を抑えて殺虫作用を示すとされる。
c 正しい。
d 誤り。カイニン酸は回虫に痙攣を起こさせる作用を示し、虫体を排便とともに排出させる。
(アマゾンサイト↓)
 
正答・・・2

問 38 強心薬に配合される主な成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a センソは、有効域が比較的広い成分であり、通常用量で悪心(吐きけ)、嘔吐の副作用が現れることはない。

b ゴオウは、強心作用のほか、末梢血管の収縮による血圧上昇、興奮作用があるとされる。

c ジャコウは、強心作用のほか、呼吸中枢を刺激して呼吸機能を高めたり、 意識をはっきりさせる作用があるとされる。

d ロクジョウは、強心作用のほか、強壮、血行促進の作用があるとされる。

      a   b   c   d
1   正   正   誤   誤
2   正   誤   誤   正
3   誤   正   誤   誤
4   誤   誤   正   正
5   誤   誤   正   誤

強心薬に関する問題。具体的な製品として「救心」や「六神丸」に配合されている成分である。

a 誤り。センソ(蟾酥)はヒキガエル科のシナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めたものを基原とする生薬。微量で強い強心作用を示す。有効域が比較的狭い成分であり、一般用医薬品での「1日用量5mg 以下」については数字も押さえておく。通常用量においても、悪心(吐きけ)、嘔吐の副作用に注意する必要がある。
b 誤り。度々出題されているひっかけ問題。ゴオウ(牛黄)は、ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石を基原とする生薬。
「末梢血管の収縮による血圧上昇」ではなく、「末梢血管の拡張による血圧降下」であれば正しい。その為、牛黄は血圧が高い方向けの民間薬として販売されているケースもある。
c 正しい。ジャコウ(麝香)はシカ科のジャコウジカのの麝香腺分泌物を基原とする生薬。
d 正しい。ロクジョウ(鹿茸)はシカ科のマンシュウアカジカ又はマンシュウジカの雄のまだ角化していない、若しくは、わずかに角化した幼角を基原とする生薬である。
 
正答・・・4

問 39 高コレステロール改善成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a ポリエンホスファチジルコリンは、肝臓におけるコレステロールの代謝を促す効果を期待して用いられる。

b パンテチンは、低密度リポタンパク質(LDL)等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を高めて、高密度リポタンパク質(HDL)産生を高める作用があるとされる。

c ビタミンB2は、コレステロールから過酸化脂質の生成を抑えるほか、末梢血管における血行を促進する作用があるとされる。

d ビタミンEは、コレステロールの生合成抑制と排泄・異化促進作用、中性脂肪抑制作用、過酸化脂質分解作用を有すると言われている。

      a   b   c   d
1   正   誤   正   誤
2   誤   正   誤   誤
3   正   正   誤   誤
4   誤   誤   正   正
5   正   誤   誤   正

高コレステロール改善成分に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。これはビタミンEに関する内容。ビタミンB2はコレステロールの生合成抑制と排泄・異化促進作用、中性脂肪抑制作用、過酸化脂質分解作用があると言われている。
d 誤り。これはビタミンB2に関する内容。ビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)はコレステロールから過酸化脂質の生成を抑えるほか、末梢血管における血行を促進する作用があるとされ、血中コレステロール異常に伴う末梢血行障害(手足の冷え、痺れ)の緩和等を目的として用いられる。
 
正答・・・3

問 40 貧血と貧血用薬(鉄製剤)に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 鉄分の摂取不足を生じても、初期には貯蔵鉄や血清鉄が減少するのみでヘモグロビン量自体は変化せず、ただちに貧血の症状は現れない。

b 鉄製剤を服用すると便が黒くなることがあるが、これは副作用により消化管から出血をしているためであり、ただちに使用をやめなければならない。

c 鉄分の吸収は空腹時のほうが高いとされているが、消化器系への副作用を軽減するには、食後に服用することが望ましい。

d 服用の前後30分に緑茶やコーヒーを摂取すると、それらに含まれているタンニン酸によって、鉄の吸収が良くなる。

      a   b   c   d
1   誤   正   正   誤
2   誤   誤   正   正
3   正   正   誤   誤
4   正   誤   正   誤
5   正   誤   誤   正

貧血用薬に関する問題。基本的知識ばかりなので落とさないように。

a 正しい。これは基本的知識。販売現場でも大切な知識です。
b 誤り。鉄製剤を服用すると便が黒くなることがある。
c 正しい。
d 誤り。服用の前後30分にタンニン酸を含む飲食物(緑茶、紅茶、コーヒー、ワイン、柿等)を摂取すると、タンニン酸と反応して鉄の吸収が悪くなることがある。
 
正答・・・4